メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  前立腺がん治療薬アビラテロンが適応拡大

前立腺がん治療薬アビラテロンが適応拡大

高リスク予後因子を持つ患者の新たな治療選択肢に

 2018年02月19日 17:33
プッシュ通知を受取る

 アストラゼネカは2月16日、ヤンセンファーマとコ・プロモーション契約を行っているアンドロゲン合成酵素CYP17阻害薬アビラテロン酢酸エステルについて、「内分泌療法未治療の高リスクの予後因子を有する前立腺がん」に対する適応追加が承認されたと発表した。同薬は、わが国では2014年7月に「去勢抵抗性前立腺がん」を適応として承認されている(関連記事:「CYP17阻害薬で進行前立腺がんの予後が改善」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

いよいよ開幕!2018FIFAワールドカップ。ズバリ優勝するのは?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  前立腺がん治療薬アビラテロンが適応拡大

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06513107 有効期限:6月末まで