メニューを開く 検索を開く ログイン

米・durvalumabをⅢ期肺がん維持療法で承認

初のⅢ期における免疫治療薬・維持療法薬に

 2018年02月20日 18:10
プッシュ通知を受取る

 米食品医薬品局(FDA)は2月16日、免疫チェックポイント(CP)阻害薬である抗PD-L1抗体durvalumabについて、切除不能ステージⅢ期(局所進行性)非小細胞肺がん(NSCLC)に対する根治的同時化学放射線療法(CRT)後の維持療法薬としての適応を拡大承認したと発表した。これまで、肺がん領域での免疫CP阻害薬の承認は切除不能ステージⅣ期以降の進行NSCLC患者を適応としたものであったが、今回の承認はステージⅢ期に対する免疫CP阻害薬としては初であるとともに、維持療法薬の承認としても初となる(関連記事:「抗PD-L1抗体が肺がん維持療法でも予後改善」「DurvalumabでQOLを維持したままPFSを延長」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  米・durvalumabをⅢ期肺がん維持療法で承認