メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  高齢患者で5人に1人が薬物相互作用リスク

高齢患者で5人に1人が薬物相互作用リスク

米・てんかん患者に関するメディケア請求データの解析

2018年02月21日 17:10

 てんかん治療の主体は薬物療法であるが、患者の状況によっては多剤併用療法が行われ、薬物相互作用リスクが高まり、有害事象が発現することもある。米・Emory UniversityのEdward Faught氏らは、同国のメディケア請求データを用いて、67歳以上の高齢てんかん患者における抗てんかん薬(AED)およびそれ以外の薬剤(NED)の処方実態を調査・分析。少なくとも5人に1人が薬物相互作用のリスクを抱えていたと、Epilepsia2018年2月7日オンライン版)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

内臓脂肪減少薬アライがダイレクトOTCとして発売、懸念点は?

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  高齢患者で5人に1人が薬物相互作用リスク