メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

うつ病患者の復職支援で協会誕生

リワーク研究会が発足10年で法人化

 2018年02月22日 16:53
プッシュ通知を受取る

kaijyo

 世界的に患者数の増加が著しいうつ病などの精神疾患。特に労働人口においては、労働生産性の低下による社会的な損失にもつながっている。うつ病罹患率の低下には発症予防が肝要だが、休職者の職場復帰(リワーク)も課題の1つだ(関連記事)。そこで、精神科医らがうつ病患者のリワークに関する研究および普及啓発に取り組むため、「うつ病リワーク研究会」を発足させたのは2008年のこと。10年が経過した今年(2018年)、同研究会は「一般社団法人日本うつ病リワーク協会」として新たな一歩を踏み出した。先ごろ東京都で開かれた設立祝賀会には、発足当初からのメンバーをはじめ、多くの関係者が駆け付けた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  イベント »  うつ病患者の復職支援で協会誕生

error in template: found but mtif was expected