メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  医療の現場レポート »  ともに歩む希少・難治性疾患治療の道

ともに歩む希少・難治性疾患治療の道

 2018年02月23日 06:40
プッシュ通知を受取る

 希少・難治性疾患の種類は約7,000とされ、推定患者数は世界で3億5,000万人に上る。医学の進歩とともに、希少・難治性疾患の発症機序の解明、診断法やこれまでなかった治療薬が開発・承認され、医学の限界は確実に克服されつつある。国内では、日本医療研究開発機構(AMED)が未診断疾患を解決するInitiative on Rare and Undiagnosed Diseases(IRUD)を進めているが、希少・難治性疾患に対する国民の認識は必ずしも十分とはいえない。毎年2月末日が「世界希少・難治性疾患の日(Rare Disease Day;RDD)」とされてから、今年(2018年)で11年目を迎える(関連記事:「治療薬の存在わずか―希少疾患」)。日本でのRDD開催事務局を務めるNPO法人ASrid理事長の西村由希子氏に、RDDの意義や希少疾患の課題などを聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪・パラリンピックのマスコット名が 『ミライトワ』、『ソメイティ』に決定。このネーミングは?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  医療の現場レポート »  ともに歩む希少・難治性疾患治療の道

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07513069 有効期限:7月末まで