メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  PSAのがん特異性を凌駕する検査法を開発

PSAのがん特異性を凌駕する検査法を開発

前立腺がんに特異的な糖鎖構造変化を伴うPSAの定量化に成功

 2018年02月26日 06:45
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 前立腺がんでは、前立腺特異抗原(PSA)検査に基づく過剰な診断や治療が問題となっており、これらを是正する新たなバイオマーカーが求められている。そのような中、PSA分子上の糖鎖構造変化に着目した研究が進められている。弘前大学泌尿器科学講座の米山徹氏、同講座教授の大山力氏らの研究グループが、PSA糖鎖修飾異性体による前立腺がん診断の有効性について、第2回Liquid Biopsy研究会(1月20日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新薬の情報はどの時点から欲しい?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  PSAのがん特異性を凌駕する検査法を開発

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P11513128 有効期限:11月末まで