メニューを開く 検索を開く ログイン

PSAのがん特異性を凌駕する検査法を開発

前立腺がんに特異的な糖鎖構造変化を伴うPSAの定量化に成功

 2018年02月26日 06:45
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 前立腺がんでは、前立腺特異抗原(PSA)検査に基づく過剰な診断や治療が問題となっており、これらを是正する新たなバイオマーカーが求められている。そのような中、PSA分子上の糖鎖構造変化に着目した研究が進められている。弘前大学泌尿器科学講座の米山徹氏、同講座教授の大山力氏らの研究グループが、PSA糖鎖修飾異性体による前立腺がん診断の有効性について、第2回Liquid Biopsy研究会(1月20日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

iPhone版でも不具合。COCOAアプリは使っている?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  PSAのがん特異性を凌駕する検査法を開発