メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  転移性脳腫瘍治療のパラダイムシフト

転移性脳腫瘍治療のパラダイムシフト

 2018年02月27日 06:20
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 わが国ではがん患者の10人に1人の割合で起こる脳転移。これまで、多発した脳転移の治療においては、放射線の全脳照射が一般的であったが、上皮成長因子受容体チロシンキナーゼ阻害薬(EGFR-TKI)の登場により、その常識が変わりつつある。脳転移治療の現状について、東京大学病院放射線科放射線治療部門長で准教授の中川恵一氏は2月7日に東京都内で開かれたエレクタ社主催のプレスセミナーで解説した。(関連記事:「進化を遂げる『定位放射線照射』」、「ガンマナイフ単独治療,多発性転移性脳腫瘍での非劣性を証明」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高校野球4強出揃う。優勝は?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  転移性脳腫瘍治療のパラダイムシフト

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08513108 有効期限:8月末まで