メニューを開く 検索を開く ログイン

転移性脳腫瘍治療のパラダイムシフト

 2018年02月27日 06:20
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 わが国ではがん患者の10人に1人の割合で起こる脳転移。これまで、多発した脳転移の治療においては、放射線の全脳照射が一般的であったが、上皮成長因子受容体チロシンキナーゼ阻害薬(EGFR-TKI)の登場により、その常識が変わりつつある。脳転移治療の現状について、東京大学病院放射線科放射線治療部門長で准教授の中川恵一氏は2月7日に東京都内で開かれたエレクタ社主催のプレスセミナーで解説した。(関連記事:「進化を遂げる『定位放射線照射』」、「ガンマナイフ単独治療,多発性転移性脳腫瘍での非劣性を証明」)

…続きを読むには、ログインしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪ここまでで感動した場面は?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  転移性脳腫瘍治療のパラダイムシフト