メニューを開く 検索を開く ログイン

仁志敏久氏、"指導者の目"で野球障害予防

病院主催の少年野球教室

 2018年02月27日 06:05
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 仁志敏久氏(左)と慶友整形外科病院院長の伊藤恵康氏(右)

 スポーツ障害を広く扱う慶友整形外科病院(群馬県館林市)スポーツ医学センターが主催する少年野球教室が同市で開催された。指導者は元プロ野球選手で現在は野球日本代表(侍ジャパン)U-12代表監督の仁志敏久氏と日本体育協会認定アスレティックトレーナーの川島浩史氏。野球教室終了後は、同院において指導者と保護者を対象とした「野球指導者座談会」が開かれた。仁志氏は「少年野球では、関節障害などが重症化する前に発見する"指導者の目"が重要だ」と指摘している。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  運動器 »  仁志敏久氏、"指導者の目"で野球障害予防