メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  【解説】新規治療、腫瘍治療電場に期待

【解説】新規治療、腫瘍治療電場に期待

京都大学脳神経外科 峰晴陽平、荒川芳輝

 2018年02月27日 06:25
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

〔編集部から〕初発膠芽腫に対する頭皮貼付型の腫瘍治療電場(Tumor Treating Fields;TTF)とテモゾロミドの併用は、同薬単独に比べて無増悪生存期間(PFS)と全生存期間(OS)を有意に改善することが米・Robert H. Lurie Comprehensive Cancer Center of Northwestern UniversityのRoger Stupp氏らによってJAMA2017; 318: 2306-2316)に報告された(関連記事「腫瘍治療電場、初発膠芽腫にも有効」)。膠芽腫に対する新規治療であるTTFの意義について京都大学脳神経外科の峰晴陽平氏と荒川芳輝氏に解説してもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

いよいよ開幕!2018FIFAワールドカップ。ズバリ優勝するのは?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  【解説】新規治療、腫瘍治療電場に期待

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06513218 有効期限:6月末まで