メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

【解説】新規治療、腫瘍治療電場に期待

京都大学脳神経外科 峰晴陽平、荒川芳輝

 2018年02月27日 06:25
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

〔編集部から〕初発膠芽腫に対する頭皮貼付型の腫瘍治療電場(Tumor Treating Fields;TTF)とテモゾロミドの併用は、同薬単独に比べて無増悪生存期間(PFS)と全生存期間(OS)を有意に改善することが米・Robert H. Lurie Comprehensive Cancer Center of Northwestern UniversityのRoger Stupp氏らによってJAMA2017; 318: 2306-2316)に報告された(関連記事「腫瘍治療電場、初発膠芽腫にも有効」)。膠芽腫に対する新規治療であるTTFの意義について京都大学脳神経外科の峰晴陽平氏と荒川芳輝氏に解説してもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  【解説】新規治療、腫瘍治療電場に期待

error in template: found but mtif was expected