メニューを開く 検索を開く ログイン

今度は「完全ヒト化」サリルマブ

関節リウマチに対するIL-6受容体阻害薬

 2018年02月27日 17:25
プッシュ通知を受取る

 既存薬で効果不十分な関節リウマチ(RA)の適応で、昨年(21017年)9月に承認されたサリルマブ(商品名:ケブザラ皮下注150mgシリンジ、200mgシリンジ、150mgオートインジェクター、200mgオートインジェクター)が、今年2月に使用できるようになった。同薬はインターロイキン (IL)-6受容体に対する2製剤目のモノクローナル抗体で、IL-6受容体阻害薬としては初の完全ヒト化である。(関連記事:「リウマチ性疾患の分子標的治療」、「IL-6受容体標的Bioのsarilumab」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  リウマチ・膠原病 »  今度は「完全ヒト化」サリルマブ