メニューを開く 検索 ログイン

XLHの病態に直接作用、burosumabが登場

欧州医薬品庁、小児患者で条件付き販売承認

2018年02月27日 17:00

1名の医師が参考になったと回答 

 協和発酵キリンは、開発中のburosumab(商品名Crysvita)が小児X染色体遺伝性低リン血症(XLH)の適応で、欧州医薬品庁(EMA)から条件付き販売承認を取得したと2月23日に公式サイトに発表した。XLHは、いわゆる先天性ビタミンD抵抗性くる病、先天性低リン血症性くる病で、体内のリンが尿中に過剰に排泄されることで進行性の筋骨格障害を来す希少疾患。burosumabはXLHの病因である線維芽細胞増殖因子(FGF)23(関連記事:「読み解くためのキーワード:FGF23」の過剰分泌に直接作用する初の治療薬で、同社が創製した。同薬は米国および日本においても開発中である(関連記事:「XLH治療薬、初の適応症でPⅢ結果を公表」)。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

ワンクリックアンケート

コロナワクチン、12歳未満も接種へ

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  薬剤情報 »  XLHの病態に直接作用、burosumabが登場

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで