メニューを開く 検索 ログイン

発症後6~16時間の血栓回収療法で機能改善

急性期脳梗塞のDEFUSE 3試験

2018年02月28日 06:05

4名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米・Stanford UniversityのGregory W. Albers氏らは、発症後6~16時間で梗塞していない救済可能な虚血領域が認められる急性期脳梗塞患者を対象に、血栓回収療法(血管内治療)の有効性を検討した多施設オープンラベルランダム化比較試験DEFUSE 3の結果をN Engl J Med2018; 378: 708-718)に発表した。組織プラスミノーゲンアクチベータ(t-PA)静注療法による標準薬物療法のみを実施した群と比べて、血栓回収療法を追加した群では90日後の機能的転帰が良好であった。なお、中間解析で事前に設定した有効性の限界値を超えたため、同試験は早期中止となった。(関連記事「米・脳梗塞急性期管理GLを改訂」「発症6~24時間後も血管内治療は有効」)

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

10日の参院選、投票に行きますか?

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  発症後6~16時間の血栓回収療法で機能改善