メニューを開く 検索を開く ログイン

これからのがん教育を考える

文京区のモデルを作成中、がん専門医と学校関係者が議論

 2018年03月01日 06:02
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像

 国は2014年度に「がんの教育総合支援事業」を開始し、全国の小中校モデル校において、がん教育を実施するとともに、がん教育の教材や外部講師の活用に関するガイドラインを策定し、がん教育を推進している。1月29日に東京都で開催された公開シンポジウム「がん教育を考える」(主催:文京区教育委員会、共催:順天堂大学)では、がん専門医と学校関係者が登壇し、地域・学校と医療現場とが連携して推進するがん教育の在り方について議論が行われた。その一部を紹介する(関連記事:「東大・中川恵一氏が中学生対象に渾身のがん教室」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  これからのがん教育を考える