メニューを開く 検索を開く ログイン

抗菌薬予防投与で感染性心内膜炎に日米差

先天性心疾患患者におけるGL

 2018年03月01日 06:05
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 米国心臓協会(AHA)は2007年、感染性心内膜炎の予防ガイドライン(GL)において抗菌薬予防投与の縮小を決定した。しかし近年、感染性心内膜炎の発症増加が報告されるようになったと、千葉県こども病院循環器内科部長の村上智明氏が第20回日本成人先天性心疾患学会(1月27~28日)で指摘。抗菌薬の予防投与の継続を決めた日本のGLの意義について述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  抗菌薬予防投与で感染性心内膜炎に日米差