メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  その他診療領域 »  積極的筋弛緩法で口腔心身症に伴う愁訴が軽減

積極的筋弛緩法で口腔心身症に伴う愁訴が軽減

 2018年03月02日 06:00
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 口腔心身症は口腔ケア、SSP療法(低周波治療)、向精神薬による薬物療法、一般心理療法や外来森田療法などの併用で対処可能だが、症例によっては他の心身医学的治療が必要な場合もある。蒼生病院(大阪府)歯科口腔外科の中野良信氏は、ルーチンな心身医学的治療で愁訴軽減が十分でない症例に対して積極的筋弛緩法を施行。口腔不定愁訴とそれに随伴する頸肩部愁訴の即効的軽減効果がもたらされたことを、第47回日本慢性疼痛学会(2月16〜17日)で紹介した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

11月14日は「世界糖尿病デー」。自身の診療領域の疾患啓発デーに対する認知度

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  その他診療領域 »  積極的筋弛緩法で口腔心身症に伴う愁訴が軽減

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11513205 有効期限:11月末まで