メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  小児 »  若者のセクスティングの実態が明らかに

若者のセクスティングの実態が明らかに

欧米39研究のメタ解析、12%が同意なく転送

 2018年03月02日 12:00
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 性的な写真、動画などを携帯電話などで送り合うセクスティングは若者の性的行動の予測因子であり、健康アウトカムや危険な性的行為と関連することが報告されている。カナダ・University of CalgaryのSheri Madigan氏らは、システマチックレビューとメタ解析により18歳未満のセクスティング発生率を検討した結果、7人に1人が送信、4人に1人が受信、8人に1人が同意なしでの転送を行っていた。詳細はJAMA Pediatr2018年2月26日オンライン版)に発表された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

梅雨の休日、家でどう過ごす?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  小児 »  若者のセクスティングの実態が明らかに

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06513240 有効期限:6月末まで