メニューを開く 検索を開く ログイン

敗血症診療ガイドライン改訂に向けた課題

 2018年03月06日 06:15
プッシュ通知を受取る

 2016年12月に日本集中治療医学会と日本救急医学会が合同で作成した「日本版敗血症診療ガイドライン2016」(J-SSCG2016)。現在、2020年の改訂に向けて内容が再検討されている。J-SSCG2016は敗血症の管理に関する国際GL「Surviving Sepsis Campaign Guidelines 2016」(SSCG2016)とは一線を画す日本独自のガイドライン(GL)として作成され、注目を集めた。次回の改訂ではどのような点がポイントとなるのか、第45回日本集中治療学会(2月21~23日)で、静岡県立総合病院集中治療センター医長の青木善孝氏、大阪急性期・総合医療センター高度救命救急センター医長の山川一馬氏らが報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  感染症 »  敗血症診療ガイドライン改訂に向けた課題