メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

無痛分娩の安全性確保に向け体制整備

3月末に提言

 2018年03月07日 13:39
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 昨年(2017年)1月に大阪府で発生した無痛分娩による母体死亡事故をきっかけに、無痛分娩のリスクがクローズアップされ、安全性の確保が急務となっている。2017年度厚生労働行政推進調査事業費補助金(厚生労働科学特別研究事業)「無痛分娩の実態把握および安全管理体制の構築についての研究」班研究代表者で北里大学病院院長の海野信也氏らは3月4日、東京都で開催された市民公開講座において、無痛分娩の安全性の確保に向けた提言を3月末までにまとめる方針を示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  女性疾患・周産期 »  無痛分娩の安全性確保に向け体制整備

error in template: found but mtif was expected