メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  糖尿病・内分泌 »  地域の糖尿病を病診保で迎え撃つ

地域の糖尿病を病診保で迎え撃つ

 2018年03月08日 06:10
プッシュ通知を受取る

 2012年の「糖尿病透析予防指導管理料」(350点)、2016年の「糖尿病性腎症重症化予防プログラム」の策定など、糖尿病患者における透析予防は国家的課題となっている。日本慢性疾患重症化予防学会(JMAP)はかねてこの問題の解決を使命としてきたが、2月17〜18日に兵庫医科大学で開催された第4回年次学術集会から、沖縄での最新の取り組みを紹介する。すながわ内科クリニック(沖縄県うるま市)の砂川博司氏らは、かかりつけ医と専門医、保険者間の従来にない連携で透析予防を進めている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

子どものころ好きだった昆虫は?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  糖尿病・内分泌 »  地域の糖尿病を病診保で迎え撃つ

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P08513290 有効期限:8月末まで