メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  高齢者 »  「リビング・ラボ」で高齢社会に活力を

「リビング・ラボ」で高齢社会に活力を

 2018年03月09日 06:10
プッシュ通知を受取る

 自治体や企業、大学などが中心となり、地域の住民を巻き込み課題解決や新しいサービスの創出を目指す取り組みである「リビング・ラボ(Living Lab)」。欧州を中心に約400の「リビング・ラボ」が存在するが、日本では2016年11月に、鎌倉市と東京大学高齢社会総合研究機構、三井住友銀行法人戦略部が中心となり、「鎌倉リビング・ラボ」が発足した。2月14日に東京都内で開催されたシンポジウム「ソーシャルイノベーション・ダイアローグ〜日本とスウェーデン/ソーシャルイノベーションの試験台として〜」では同機構特任教授の秋山弘子氏が、高齢社会で「リビング・ラボ」が果たす役割について、日本とスウェーデンの事例を挙げて説明した(関連記事「自治体が進める『高齢者の見守り』改革」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

医療大麻、日本で認めてよい?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  高齢者 »  「リビング・ラボ」で高齢社会に活力を

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10513336 有効期限:10月末まで