メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  解説 »  2月のアクセスベスト10

2月のアクセスベスト10

―1位は米国医療ドラマの論文

 2018年03月12日 06:05
プッシュ通知を受取る

 2018年2月に掲載した記事のアクセスランキングがまとまった。

 1位は、米国で制作された医療ドラマの内容と患者満足度との関係を検討した論文を紹介した記事だった。2位と3位はどちらも「Doctor's Eye」で、2位は岩田健太郎氏、3位は香坂俊氏。8位には倉原優氏、9位には川口浩氏の「Doctor's Eye」が入っている。

 その他、6年ぶりに改訂された勃起障害ガイドラインや1回の経口投与で治療が完了するインフルエンザ新薬なども注目を集めた。

編集部

2018年2月のアクセスベスト10

  1. 米・人気外科医ドラマが患者に及ぼす影響とは
    https://medical-tribune.co.jp/news/2018/0226513124/
  2. そこまでやるか!? 驚嘆のスタディ
    https://medical-tribune.co.jp/rensai/2018/0201512777/
  3. 爆発的に増えるPADへの対応を考える
    https://medical-tribune.co.jp/rensai/2018/0208512873/
  4. 勃起障害ガイドラインが6年ぶりに改訂
    https://medical-tribune.co.jp/news/2018/0202512836/
  5. 単回経口投与のインフル薬が承認
    https://medical-tribune.co.jp/news/2018/0223513204/
  6. がん種別生存率、日本が世界最高なのは?
    https://medical-tribune.co.jp/news/2018/0214512888/
  7. 帝王切開が長期の小腸閉塞リスクに影響
    https://medical-tribune.co.jp/news/2018/0226513017/
  8. 吸入薬の副作用は開始1カ月後に注意!
    https://medical-tribune.co.jp/rensai/2018/0209512792/
  9. 今年3月は日本の整形外科にとって分水嶺
    https://medical-tribune.co.jp/rensai/2018/0215512947/
  10. Apalutamideが前立腺がんのMFSを大幅延長
    https://medical-tribune.co.jp/news/2018/0216513024/

    ※2018年2月にアップした記事のアクセス集計結果。読売新聞の記事は除く

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

カジノは日本を元気にする?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  解説 »  2月のアクセスベスト10

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07513374 有効期限:7月末まで