メニューを開く 検索を開く ログイン

NCD乳がん登録進むも、予後情報が課題

 2018年03月13日 06:00
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 世界的な流れと同様に、わが国の医療分野でも症例登録とビッグデータの活用が進められている。臓器別がん登録の先駆けとして行われてきた乳がん登録も、国内の巨大データベース事業National Clinical Database(NCD)に参加している。ビッグデータを利用した新たな研究が期待される一方、乳がんに関しては予後情報の登録率が低いことが問題だという。東北大学乳腺・内分泌外科教授の石田孝宣氏にNCD乳がん登録の現状と課題について解説してもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  NCD乳がん登録進むも、予後情報が課題

error in template: found but mtif was expected