メニューを開く 検索 ログイン

NCD乳がん登録進むも、予後情報が課題

2018年03月13日 06:00

2名の医師が参考になったと回答 

 世界的な流れと同様に、わが国の医療分野でも症例登録とビッグデータの活用が進められている。臓器別がん登録の先駆けとして行われてきた乳がん登録も、国内の巨大データベース事業National Clinical Database(NCD)に参加している。ビッグデータを利用した新たな研究が期待される一方、乳がんに関しては予後情報の登録率が低いことが問題だという。東北大学乳腺・内分泌外科教授の石田孝宣氏にNCD乳がん登録の現状と課題について解説してもらった。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  NCD乳がん登録進むも、予後情報が課題