メニューを開く 検索 ログイン

尿路感染症への抗菌薬で急性腎障害が増加

【海外短報】

2018年03月14日 06:15

2名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 尿路感染症(UTI)へのトリメトプリム(TMP)の使用は他の抗菌薬と比べて急性腎障害(AKI)および高カリウム(K)血症のリスクを高めると、英国のグループがBMJ2018; 360: k341)に発表した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  感染症 »  尿路感染症への抗菌薬で急性腎障害が増加

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD513414 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外