メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  乳がん治療関連心毒性の一部に降圧薬が有効

乳がん治療関連心毒性の一部に降圧薬が有効

ACE阻害薬とβ遮断薬の有用性をRCTで検討

 2018年03月16日 06:15
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米・University of KentuckyのMaya E. Guglin氏らは、乳がん患者を対象にトラスツズマブ関連心毒性の抑制効果を検討した北米の多施設共同ランダム化比較試験(RCT)の結果を米国心臓病学会(ACC)第67回年次学術集会(ACC.18、3月10~12日、オーランド)で発表。ACE阻害薬またはβ遮断薬の併用は、2年後までの心障害の発現をプラセボに比べて抑制しなかった。一方、アントラサイクリン系抗がん薬を使用中または使用歴のある患者では、ACE阻害薬またはβ遮断薬の併用で心障害が半減し、プラセボに比べて有意な心保護効果が示されたことも明らかにした。(関連記事「米・乳がんとCVDのステートメント発表」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

11月14日は「世界糖尿病デー」。自身の診療領域の疾患啓発デーに対する認知度

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  乳がん治療関連心毒性の一部に降圧薬が有効

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11513444 有効期限:11月末まで