メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

経皮的結石破砕術時もアスピリンは使用可能

【海外短報】

 2018年03月18日 07:00
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 経皮的腎尿管結石破砕術施行時でも低用量アスピリンを安全に使用できることを示すデータが、米国のグループによりJ Urol2018; 199: 748-753)に発表された。

 同グループは、2012~15年に自施設で経皮的腎尿管結石破砕術を施行した患者のデータを後ろ向きに解析、低用量アスピリンの服用を継続した67例と非服用207例で転帰および合併症を比較した。

 アスピリン群は高齢で喫煙者が多く、米国麻酔科学会の術前状態分類スコアが高かったが、結石の大きさや数、術中の失血量は両群に差がなかった。術後の遺残結石片の大きさ、在院期間、再入院率、出血性合併症を含む合併症発生率、輸血率などに有意な群間差は認められなかった。

(編集部)

9名の先生が役に立ったと考えています。

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  腎・泌尿器 »  経皮的結石破砕術時もアスピリンは使用可能

error in template: found but mtif was expected