メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  医療制度 »  在宅医療の質向上の鍵は栄養管理だ

在宅医療の質向上の鍵は栄養管理だ

医師の立場から在宅NSTを考える

 2018年03月28日 06:15
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 厚生労働省の推進政策に基づき、在宅療養支援病院や在宅療養支援診療所の数は増え、在宅医療は国民にとって身近なものになりつつある。それだけに、在宅医療でも高いクオリティーが求められるようになった。例えば栄養サポートである。第33回日本静脈経腸栄養学会学術集会(2月22〜23日)では、「病院NSTから在宅・地域連携NSTへ」をテーマとしたシンポジウムが開催された。まず、在宅療養支援診療所の医師の立場から、こだま在宅内科緩和ケアクリニック(札幌市)院長の児玉佳之氏、すぎうら医院在宅診療部(出雲市)部長の中山真美氏の発言を紹介する。2人はともに、在宅は低栄養患者が多い医療現場であり、そこでは栄養サポートが不可欠だと強調している。

(関連記事:「単独診療所型から地域連携型NSTへ」「この街で生き、そして逝く」を支える」

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

薄着の季節に向けて、先生のダイエット方法は?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  医療制度 »  在宅医療の質向上の鍵は栄養管理だ

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P04513486 有効期限:4月末まで