メニューを開く 検索 ログイン

「この街で生き、そして逝く」を支える

薬剤師、市民団体の立場から在宅NSTを考える

2018年03月28日 06:15

1名の医師が参考になったと回答 

 在宅医療とは地域に患者を戻すことである。ところが地域には、病院のような至れり尽くせりの機能はない。認知症者を含む超高齢世帯や独居世帯の増加は、食事や買い物、通院などの患者の日常を誰が支えるのかという問題を提起した。栄養サポートもその1つだ。第33回日本静脈経腸栄養学会(2月22〜23日)のシンポジウム「病院NSTから在宅・地域連携NSTへ」から、株式会社ヤナセ薬局在宅医療部(豊田市)の柴田賢三氏、一般社団法人みんなの健康サロン海凪(みなぎ)(輪島市)代表理事の中村悦子氏の講演を紹介する。柴田氏は、多くの場合、管理栄養士のいない在宅チームで薬局薬剤師が栄養サポートを担う経験を報告。看護師でありNST専門療法士でもある中村氏は、市民間の共助のプラットフォームになる組織づくりの現状を説明した。

(関連記事:「在宅医療の質向上の鍵は栄養管理だ」「単独診療所型から地域連携型NSTへ」)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  医療制度 »  「この街で生き、そして逝く」を支える

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD513488 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外