メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  耳鼻咽喉 »  わが国の吃音有症率が初めて明らかに

わが国の吃音有症率が初めて明らかに

 2018年03月28日 10:15
プッシュ通知を受取る

71名の先生が役に立ったと考えています。

 自治医科大学公衆衛生学部門の須藤大輔氏は、幼児吃音症の大規模調査の結果を第28回日本疫学会(2月1~3日)で発表した。吃音症は発達障害支援法に含まれる障害でありながら国レベルの対策が十分に取られておらず、わが国では発症率や治癒率などの基本的なデータもほとんど存在していないのが実情。調査の結果によると、吃音症の有症率は3歳児健診時点で4.7%であり、ほぼ海外と同程度であることが明らかになった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生のスケジュールはなにで管理?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  耳鼻咽喉 »  わが国の吃音有症率が初めて明らかに

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11513640 有効期限:11月末まで