メニューを開く 検索 ログイン

日赤、システム障害で血小板製剤不足

2018年03月28日 18:15

1名の医師が参考になったと回答 

 日本赤十字社は、昨日(3月27日)発生した同社の血液センターで使用するコンピュータシステム(血液事業情報システム)の障害により、多くの献血会場で献血の受け入れができない状況が発生したことを発表した。同日夕刻には復旧したが、血小板製剤については予定量を十分に確保できていない状況のため、成分献血の協力を呼びかけている。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  その他診療領域 »  日赤、システム障害で血小板製剤不足

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD513655 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外