メニューを開く 検索を開く ログイン

慢性痛治療における催眠活用の可能性を検討

 2018年03月29日 06:10
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 医学催眠もしくは臨床催眠は、患者に暗示を与え、治療目的に沿った心身の経験ができるよう導く方法である。副作用が少ない安全な方法であるが、慢性痛に対する効果と適応は明らかにされていない。愛知医科大学学際的痛みセンター客員研究員で臨床心理士の水谷みゆき氏らは、学際的治療にもかかわらず改善が得られない難治性慢性痛患者に対し、個別的な催眠の適用を試みてきた。同氏は、第47回日本慢性疼痛学会(2月16〜17日)で催眠療法の実際を紹介しながら、慢性痛治療における催眠の位置付けと活用の可能性を示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  その他診療領域 »  慢性痛治療における催眠活用の可能性を検討

error in template: found but mtif was expected