メニューを開く 検索 ログイン

慢性痛治療における催眠活用の可能性を検討

2018年03月29日 06:10

4名の医師が参考になったと回答 

 医学催眠もしくは臨床催眠は、患者に暗示を与え、治療目的に沿った心身の経験ができるよう導く方法である。副作用が少ない安全な方法であるが、慢性痛に対する効果と適応は明らかにされていない。愛知医科大学学際的痛みセンター客員研究員で臨床心理士の水谷みゆき氏らは、学際的治療にもかかわらず改善が得られない難治性慢性痛患者に対し、個別的な催眠の適用を試みてきた。同氏は、第47回日本慢性疼痛学会(2月16〜17日)で催眠療法の実際を紹介しながら、慢性痛治療における催眠の位置付けと活用の可能性を示した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  その他診療領域 »  慢性痛治療における催眠活用の可能性を検討

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD513618 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外