メニューを開く 検索 ログイン

胃癌治療GLの改訂ポイントを解説 ~外科編~

3つの外科手術の意義が否定される

2018年03月29日 06:20

24名の医師が参考になったと回答 

 今年(2018年)1月、「胃癌治療ガイドライン」が約4年ぶりに改訂された。改訂版(第5版)では、薬剤療法の項が大幅にアップデートされた他、外科領域では、日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)が実施した幾つかの重要なランダム化比較試験の結果が提示されたことなどを踏まえて、その内容が盛り込まれた。日本胃癌学会胃癌治療ガイドライン検討委員会第5版作成委員会委員で東邦大学外科学講座一般・消化器外科教授の島田英昭氏が、第90回同学会(3月7~9日)において同ガイドラインの外科領域の改訂ポイントについて解説。減量手術、脾摘、網囊切除の3つの意義が否定されたことなどを報告した(薬物療法の改訂ポイントについても続報予定、関連記事:「どこが変わる? 胃癌GL ~内視鏡、手術編~」)。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  胃癌治療GLの改訂ポイントを解説 ~外科編~