メニューを開く 検索 ログイン

Siponimodが二次性進行型多発性硬化症に有効

国際共同第Ⅲ相試験EXPAND

2018年03月29日 06:15

1名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 スイス・University of BaselのLudwig Kappos氏らは、二次性進行型多発性硬化症(SPMS)患者を対象とした第Ⅲ相国際共同二重盲検ランダム化比較試験EXPANDの結果、選択的スフィンゴシン-1-リン酸(S1P)受容体調節薬siponimodがプラセボに比べて身体的障害の進行リスクを有意に抑制したと、Lancet2018年3月22日オンライン版)で発表した。同薬の安全性データは、同クラス薬と類似しているという(関連記事「多発性硬化症の障害度などをマーカーで判定」)。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  Siponimodが二次性進行型多発性硬化症に有効

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで