メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

医療用ゴム手袋による皮膚障害

コストが課題、行政への働きかけが不可欠

 2018年03月30日 06:45
プッシュ通知を受取る

17名の先生が役に立ったと考えています。

 ラテックスアレルギーについては、消費者庁と厚生労働省、経済産業省が連名で昨年(2017年)3月31日に、「天然ゴム製のラテックス製品により誘発されるアナフィラキシーは最悪の場合、死に至ることもあり、非常に危険」との注意喚起を公表した。医療現場ではゴム手袋や医療用器具などに天然ゴムが使われていることが多いため、同疾患は医療従事者に多く認められる。藤田保健衛生大学総合アレルギー科教授の矢上晶子氏は、第4回日本医療安全学会(2月17~18日)で医療現場における医療用ゴム手袋に関する現状と課題について報告。コスト面の問題を指摘し、行政への働きかけが不可欠であるとした(関連記事:「医療用手袋、今すぐパウダーフリー化を」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  アレルギー »  医療用ゴム手袋による皮膚障害