メニューを開く 検索を開く ログイン

第一選択薬耐性マラリア原虫、アフリカで確認

順天堂大学など

 2018年03月30日 06:00
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 順天堂大学は3月27日、マラリア治療薬であるアルテミシニンに耐性を持つマラリア原虫をアフリカで発見したと発表した。この原虫は、既にアルテミシニン耐性原虫の出現が確認されている東南アジアからの移入ではなく、アフリカで独自に出現したもの。同大学は「アフリカにおけるアルテミシニン耐性マラリアの拡散について、より詳細に把握する必要がある」としている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

社会で不織布マスクを推奨の動き

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  感染症 »  第一選択薬耐性マラリア原虫、アフリカで確認