メニューを開く 検索 ログイン

小児の肉腫、成人発症型との違いは?

2018年04月02日 06:30

3名の医師が参考になったと回答 

 組織型が多様である軟部肉腫(サルコーマ)は、化学療法や放射線療法への反応性の違いから、「小円形細胞肉腫」と「非円形細胞肉腫」に大別される。代表的な小円形細胞肉腫としてユーイング肉腫と横紋筋肉腫があり、これらは小児および思春期(いわゆるAYA世代)に多く発生する。国立がん研究センター東病院小児腫瘍科医長の細野亜古氏は、小児肉腫の治療と包括ケアの特殊性について、第1回日本サルコーマ治療研究学会(2月23~24日)で報告した(関連記事:「第1回サルコーマ治療研究学会が開催」)。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  がん »  小児の肉腫、成人発症型との違いは?

error in template: found but mtif was expected