メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  血液検査で脳梗塞を予測

血液検査で脳梗塞を予測

心房細動患者の血中BNP高値はリスク

 2018年04月02日 06:15
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 心房細動(AF)は、放置すると脳梗塞や心不全、認知症などを引き起こす可能性がある。もし、そのリスクを事前に予測することができれば、なんらかの予防策を講じることができる。このほど、金沢大学大学院循環器病態内科学教授の山岸正和氏らの研究グループは、血中BNP値と脳卒中を含めた血栓塞栓症の発症との関連を検討。その結果、血中BNP値の高いAF患者は脳梗塞を発症するリスクが高いと、Circ J2018年3月1日オンライン版)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

どんな昼休みを過ごしていますか

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  血液検査で脳梗塞を予測

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P06513660 有効期限:6月末まで