メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  運動器 »  日本の伝統芸術が患部に貼る粘着製品に

日本の伝統芸術が患部に貼る粘着製品に

MITが「切り紙」に着目

 2018年04月02日 06:00
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

 肘や膝など動きの激しい患部に貼る粘着フィルムは剥がれやすい。米・マサチューセッツ工科大学(MIT)のRuike Zhao氏らは、日本をはじめとするアジアの伝統芸術であり、折り畳んだ紙を切り抜いて模様や立体をつくる「切り紙」からヒントを得た粘着フィルムを作製。シートに細かな切れ込みを入れることで、肘や膝を100回曲げても剝がれないほど粘着力を高めることができたと、Soft Matter2018; 14: 2515-2525)に報告した。

1803069_pho1.png

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「東名あおり運転」、判決。先生のあおり運転体験は?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  運動器 »  日本の伝統芸術が患部に貼る粘着製品に

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12513668 有効期限:12月末まで