メニューを開く 検索 ログイン

アプリで手指衛生の改善を効率化

評価からフィードバックまでを迅速に

2018年04月04日 06:02

 手指衛生の実施方法や場面が適切かどうかを質的に評価する直接観察法は手指衛生の改善に有効であるが、評価からフィードバックまでのタイムラグが問題となる。順天堂大学大学院感染制御科学教授の堀賢氏は、この問題を解決するためにフリーアプリケーション(アプリ)を開発し、同大学順天堂医院のタブレット端末に導入。手指衛生の評価や改善を効率化できたと、第33回日本環境感染学会(2月23~24日)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  感染症 »  アプリで手指衛生の改善を効率化

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD513681 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外