メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  妊婦の抗てんかん薬服用で子の学力低下?

妊婦の抗てんかん薬服用で子の学力低下?

 2018年04月04日 06:00
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 妊娠中の抗てんかん薬の服用は生まれる子供の学力低下に関係すると、英・Swansea UniversityのArron S. Lacey氏らがJ Neurol Neurosurg Psychiatry2018; pii: jnnp-2017-317515)に報告した。同氏らは「妊婦には抗てんかん薬治療のリスクについてしっかりと情報提供すべきである一方、効果的な方法で発作を抑える必要があることも忘れてはならない」としている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

オリンピックまで2年、炎暑の東京でマラソン―

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  脳・神経 »  妊婦の抗てんかん薬服用で子の学力低下?

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07513694 有効期限:7月末まで