メニューを開く 検索を開く ログイン

新インスリンポンプ「第2世代SAP」登場

 2018年04月04日 06:04
プッシュ通知を受取る

14名の先生が役に立ったと考えています。

 日本メドトロニックは4月2日、糖尿病患者のグルコース値に合わせて、インスリン注入を自動で中断・再開するインスリンポンプ「ミニメド640Gシステム」の販売を開始したことを発表した。インスリン注入機能の一部を自動化した製品は日本初で、同社では従来のSensor Augmented Pump(SAP)を進化させた「第二世代SAP」と位置付けている(関連記事:SAP療法は究極のインスリン治療になるか)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ感染者が最多更新中の東京都、緊急事態宣言すべき?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  糖尿病・内分泌 »  新インスリンポンプ「第2世代SAP」登場

error in template: found but mtif was expected