メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  感染症 »  アルテミシニンの大量生産が可能に

アルテミシニンの大量生産が可能に

環境に優しく低コストの製法を開発

 2018年04月04日 17:47
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 ハマダラカ(Wikipediaより)

 ドイツ・Max Planck Institute of Colloids and InterfacesのPeter H. Seeberger氏らは、マラリア治療薬アルテミシニンが植物の廃棄物質から生産でき、しかも大規模な工業化により低コストで大量生産も可能であるとAngew Chem Int Ed Engl(2018年2月21日オンライン)に発表した。この効果的で環境にやさしい製法によって、多くのマラリア患者を救える可能性がある。(関連記事:「第一選択薬耐性マラリア原虫、アフリカで確認」

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

オリンピックまで2年、炎暑の東京でマラソン―

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  感染症 »  アルテミシニンの大量生産が可能に

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07513734 有効期限:7月末まで