メニューを開く 検索を開く ログイン

トリコモナス感染、ピークは2回

 2018年04月05日 11:57
プッシュ通知を受取る

33名の先生が役に立ったと考えています。

 性交渉による感染頻度が高い腟トリコモナス症は、感染症発生動向調査〔性感染症(STD)定点〕に含まれておらず、国内の実態は十分に把握できていない。金沢大学医薬保健研究域寄生虫感染症制御学准教授の所正治氏は、尿沈渣における同症の陽性率を調査し、「女性では感染のピークが2回あり、腟トリコモナス症は現在も幅広い年齢層に蔓延しているものと推定され、注意すべき疾患である」と第87回日本寄生虫学会(3月17〜18日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  感染症 »  トリコモナス感染、ピークは2回