メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  糖尿病・内分泌 »  アロプリノールが末梢動脈疾患に保護的作用

アロプリノールが末梢動脈疾患に保護的作用

【海外短報】

 2018年04月05日 06:10
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 痛風・高尿酸血症治療薬のアロプリノールが末梢動脈疾患(PAD)に対して保護的に作用することを示すデータが、米国のグループによりRheuma­tology2018; 57: 451-461)に発表された。

続きを読む(読了時間:約 1 分) 

 同グループは、2006~12年のメディケア受給者の5%ランダムサンプルを用いて、アロプリノールの使用および使用期間とPAD発症リスクとの関係を後ろ向きに検討した。

 その結果、2万5,282例の受給者に2万6,985件のアロプリノールが使用され、うち3,167件(12%)がPADの発症と関係していた。多変量解析では、アロプリノールの使用は全体〔ハザード比(HR)0.88、95%CI 0.81~0.95〕および女性(同0.84、0.78~0.90)のPAD発症リスク低下と関係していた。

 別の多変量補正モデルでは、アロプリノールの長期使用によるPAD発症リスクの有意な低下が観察され、HRは181日~2年使用で0.88(95%CI 0.79~0.97)、2年を超える使用で0.75(同0.63~0.89)であった。一方、PAD高リスクと有意な関係を示した因子は年齢75歳以上、チャールソン併存疾患指数高値、黒人だった。

(編集部)

10名の先生が役に立ったと考えています。

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

薄着の季節に向けて、先生のダイエット方法は?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  糖尿病・内分泌 »  アロプリノールが末梢動脈疾患に保護的作用

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P04513747 有効期限:4月末まで