メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  その他診療領域 »  気分改善、疼痛緩和の至適運動強度は?

気分改善、疼痛緩和の至適運動強度は?

 2018年04月09日 15:30
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 ランニングなどの有酸素運動を長時間行うと、気分高揚や多幸感、疼痛緩和など、いわゆる"ランナーズ・ハイ"と呼ばれる現象が生じることが知られている。ランナーズ・ハイ現象を利用した運動療法の有効性が注目されているが、どの程度の運動強度が至適であるかは明らかでない。日本福祉大学健康科学部の丹羽祐斗氏、教授の松原貴子氏(現・神戸学院大学総合リハビリテーション学部教授)らの研究グループは、気分改善と疼痛緩和に及ぼす運動の影響を運動強度別に検討。その結果を第47回日本慢性疼痛学会(2月16〜17日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

オリンピックまで2年、炎暑の東京でマラソン―

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  その他診療領域 »  気分改善、疼痛緩和の至適運動強度は?

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07513695 有効期限:7月末まで