メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  ワルファリン不適正使用で大出血発生率上昇

ワルファリン不適正使用で大出血発生率上昇

重度フレイルでない高齢AF患者で検討

 2018年04月09日 06:00
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 東邦大学大森病院循環器内科の篠原正哉氏らは、重度のフレイルでない高齢心房細動(AF)患者を対象に経口抗凝固薬(OAC)の適正使用を検討した結果、ワルファリンの不適正量処方は大出血の発生を増加させるため避けるべきであると、第82回日本循環器学会(3月23~25日)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

オリンピックまで2年、炎暑の東京でマラソン―

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  ワルファリン不適正使用で大出血発生率上昇

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07513712 有効期限:7月末まで