メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  感染症 »  感染リスクが高まる性行為を調査

感染リスクが高まる性行為を調査

米国の15~44歳を調査

 2018年04月10日 06:05
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米疾病対策センター(CDC)のCasey E. Copen氏は、15~44歳の米国人を対象に過去12カ月間に医師または医療従事者による性的リスク評価を受けた人の特徴を調べ、その結果をNatil Health Stat Reports2018年3月29日オンライン版)で報告した。性的リスク評価を受けた割合は、男性23%、女性47%。性的リスク評価の施行率は、年齢、人種、性的嗜好、収入、医療保険の加入状況によって異なり、性的リスク評価を受けた人では受けなかった人よりもHIV/性感染症(STI)検査を受けた割合が高かった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

今春導入された「妊婦加算」。背景に妊婦の診療を避けたがる医師心理?

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  感染症 »  感染リスクが高まる性行為を調査

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P09513714 有効期限:9月末まで