メニューを開く 検索を開く ログイン

光線力学療法が緑膿菌感染皮膚潰瘍に効果

耐性菌フリーの新たな治療法を開発

 2018年04月11日 06:00
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 大阪市立大学大学院皮膚病態学教授の鶴田大輔氏らの研究グループは、医薬品メーカーのSBIファーマと共同で、マウスを用いて緑膿菌感染皮膚潰瘍に対する天然のアミノ酸である5-アミノレブリン酸(5-ALA)の局所投与およびLED光による光線力学療法(PDT)の有効性を検討した。その結果、緑膿菌が殺菌され、細菌に感染していない場合と同等の潰瘍の治癒促進効果が得られたと、J Dermatol Sci2018年3月5日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  皮膚 »  光線力学療法が緑膿菌感染皮膚潰瘍に効果