メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  皮膚 »  光線力学療法が緑膿菌感染皮膚潰瘍に効果

光線力学療法が緑膿菌感染皮膚潰瘍に効果

耐性菌フリーの新たな治療法を開発

 2018年04月11日 06:00
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 大阪市立大学大学院皮膚病態学教授の鶴田大輔氏らの研究グループは、医薬品メーカーのSBIファーマと共同で、マウスを用いて緑膿菌感染皮膚潰瘍に対する天然のアミノ酸である5-アミノレブリン酸(5-ALA)の局所投与およびLED光による光線力学療法(PDT)の有効性を検討した。その結果、緑膿菌が殺菌され、細菌に感染していない場合と同等の潰瘍の治癒促進効果が得られたと、J Dermatol Sci2018年3月5日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

オリンピックまで2年、炎暑の東京でマラソン―

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  皮膚 »  光線力学療法が緑膿菌感染皮膚潰瘍に効果

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07513798 有効期限:7月末まで