メニューを開く 検索

光線力学療法が緑膿菌感染皮膚潰瘍に効果

耐性菌フリーの新たな治療法を開発

2018年04月11日 06:00

4名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 大阪市立大学大学院皮膚病態学教授の鶴田大輔氏らの研究グループは、医薬品メーカーのSBIファーマと共同で、マウスを用いて緑膿菌感染皮膚潰瘍に対する天然のアミノ酸である5-アミノレブリン酸(5-ALA)の局所投与およびLED光による光線力学療法(PDT)の有効性を検討した。その結果、緑膿菌が殺菌され、細菌に感染していない場合と同等の潰瘍の治癒促進効果が得られたと、J Dermatol Sci2018年3月5日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2018年 »  皮膚 »  光線力学療法が緑膿菌感染皮膚潰瘍に効果