メニューを開く 検索を開く ログイン

アブレーション治療で全死亡リスクが半減

伏見AF Registry・洞調律維持患者で検討

 2018年04月16日 06:15
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 武田総合病院(京都市)不整脈科部長の江里正弘氏らは、伏見心房細動患者登録研究(伏見AF Registry)に登録されたリズムコントロール(洞調律維持)治療を受けている心房細動(AF)患者を対象に、カテーテルアブレーションが臨床アウトカムに及ぼす影響を検討した。追跡調査の結果、カテーテルアブレーションは抗不整脈薬単独治療と比べて全死亡リスクの低下に有意に関連していたと、第82回日本循環器学会(3月23~25日)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  アブレーション治療で全死亡リスクが半減