メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  アブレーション治療で全死亡リスクが半減

アブレーション治療で全死亡リスクが半減

伏見AF Registry・洞調律維持患者で検討

 2018年04月16日 06:15
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 武田総合病院(京都市)不整脈科部長の江里正弘氏らは、伏見心房細動患者登録研究(伏見AF Registry)に登録されたリズムコントロール(洞調律維持)治療を受けている心房細動(AF)患者を対象に、カテーテルアブレーションが臨床アウトカムに及ぼす影響を検討した。追跡調査の結果、カテーテルアブレーションは抗不整脈薬単独治療と比べて全死亡リスクの低下に有意に関連していたと、第82回日本循環器学会(3月23~25日)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

オリンピックまで2年、炎暑の東京でマラソン―

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  循環器 »  アブレーション治療で全死亡リスクが半減

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07513854 有効期限:7月末まで