メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

医師の刑事訴追がもたらす負の効果

福島県立大野病院事件をめぐって
東北大学大学院法学研究科教授 森田 果

 2018年04月17日 06:06
プッシュ通知を受取る

183名の先生が役に立ったと考えています。

 2004年の年末に帝王切開手術を受けた妊婦が死亡したことを原因に、2006年に手術を担当した産科医が逮捕・起訴されたいわゆる福島県立大野病院事件(関連記事「福島県立大野病院事件裁判」)は、「医療(特に産科)崩壊を招いた」と言われてきた。実際に、大野病院事件がどのような効果を産科医療にもたらしたのかを分析した筆者の論文がInt Rev Law Econ2018;55:1-11)に掲載されたので、その内容を簡単に紹介したい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2018年 »  解説 »  医師の刑事訴追がもたらす負の効果

error in template: found but mtif was expected